タワーマンション・高層マンションが販売されるまでの流れ

タワーマンション・高層マンションはとても高価な建築物です。購入費用もかかりますが、その分の建築費用もかかります。

しかもタワーマンション・高層マンションを建築してから販売するまでの期間は1年〜2年ほどあります。そのため実際の収益が入るまでかなりの期間があり、その間の資金繰りを考えると、タワーマンション・高層マンションの建築が資金力のある大手不動産会社が多いのは納得できると思います。

最近のタワーマンション・高層マンションで大規模マンションとなるものには、リスクや費用を分散させるために、いくつかの不動産会社(デベロッパー)が共同して、建築・販売にあたる物件もあります。

タワーマンション・高層マンションの企画が通ると、マンションの設計・建築と並行して販売活動を行います。

設計は販売元であるデベロッパーがゼネコンに委託します(ゼネコンは他の設計事務所に依頼することもある)。ゼネコンは設計ができると建築に入りますが、受注を受けたゼネコンだけで建築することは稀で、ほとんどの場合、多くの下請け会社に発注します。

新築マンションの場合は物件が出来上がる前に販売することがほとんどです。そのため実際の建物はなく、モデルルームの見学や資料・パンフレットで購入者を募ることになります。

そのため購入者はモデルルームの見学や事前の様々なチェックがとても重要になるというわけです。

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの基礎知識 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンションの現状
高層マンション・タワーマンションとは
タワー・高層マンションのメリットとデメリット
タワーマンション・高層マンションの耐久性
タワーマンション・高層マンションの構造
タワーマンション・高層マンション防災対策
タワーマンション・高層マンションが販売されるまでの流れ