タワーマンション・高層マンションの頭金

タワーマンション・高層マンションは低中層マンションに比べ高価な物件が多いため、マンション購入の資金計画はとても大事です。

住宅ローンを組み、月々返済していくケースがほとんどですが、この住宅ローンの負担を減らすには頭金が重要になってきます。

購入しやすくなるように頭金を少なくする場合もあります。最近では頭金なし、あるいはかなり少ない額の頭金で大丈夫、といった言葉を広告などで目にします。初期費用の負担が軽いのはうれしいという気持ちもわかりますが、その場合住宅ローンで多くの利息を支払うことになります。これは注意しなければいけません。

では利息を抑えるためにはどうしたらよいのでしょうか?

一番いいのは、当たり前のことですが、頭金を多く支払うことです。

一般的には2割程度の頭金で住宅ローンを組むことができますが、できるならマンション購入価格の3割程度の頭金を用意するのが理想です。

ただし今後の生活や貯蓄の状態は個々によりますので、しっかりとタワーマンション・高層マンション購入のための資金計画を検討した上で頭金をどの程度にするのか決めましょう。

場合によっては、マンション購入の際の親からの資金援助が非課税になる場合もあるので確認しておきましょう。

住宅ローンの基礎知識や金利についてはこちらを参考にしてください。
 ⇒住宅ローン金利 比較

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの購入までの流れ 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンション情報収集
モデルルームの見学での注意点
タワーマンション・高層マンションの頭金
タワーマンション・高層マンションの諸費用
タワー・高層マンションの住宅ローン
タワーマンション・高層マンションの契約
タワーマンション・高層マンションの内覧会