モデルルームの見学での注意点


新築タワーマンション・高層マンションのモデルルームとは

新築タワーマンション・高層マンションの場合、まだマンション自体が完成していませんので、実際の部屋を体感してもらえるようにモデルルームが用意されています。

マンションのような高価なものを実物なしで購入してもらうのですから、購入したくなるようにモデルルームは非常に見栄えよくなっています。

ただ実際マンションに住んでみたら、モデルルームとは違っていたというのはよくあることです。

間取りや家具、照明、オプションの設備などに惑わされることのないように、きちんとモデルルーム見学をしましょう。

ページのトップへ ▲

新築タワーマンション・高層マンションのモデルルーム見学の注意点

まず注意しなければならないのは、まずモデルルームでのタイプです。通常タワーマンション・高層マンションではいくつかのモデルタイプがあります。自分たちが希望するのがどのタイプなのか、またモデルルームとの間取りなどの違いは何かをチェックしておきましょう。

またモデルルームでは家具や内装などで有料オプションが使われている場合があります。標準装備と有料オプションかどうかは確認しましょう。

実際に使用する予定の家具などは予め寸法を測って配置をイメージするのもよいでしょう。コンセントの位置などにも注意しましょう。

最後にモデルルームだけでは確認できない周辺環境のことや共有施設のことなど事前に検討しておき、担当者に質問するとよいでしょう。

中古の新築タワーマンション・高層マンションであれば実際の部屋を見ることができますので、同じように間取りや家具配置などチェックしましょう。また管理状態も事前に確認できますので、管理費や管理状態なども確認しておきましょう。

ページのトップへ ▲

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの購入までの流れ 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンション情報収集
モデルルームの見学での注意点
タワーマンション・高層マンションの頭金
タワーマンション・高層マンションの諸費用
タワー・高層マンションの住宅ローン
タワーマンション・高層マンションの契約
タワーマンション・高層マンションの内覧会