タワーマンション・高層マンション情報収集

タワーマンション・高層マンションの検討

まず情報収集する前に、購入したいタワーマンション・高層マンションについて事前に検討しましょう。

最近の新築マンションでは、30年程度はリフォームせず住むことができます。ただ年齢によっては永住するのか、途中で住み替え・リフォームが必要なのか変わってきます。

家族構成や今後のライフプランを見据え、地域の洗濯、マンション購入の予算・資金計画、新築にするか中古にするかなどしっかりと検討しておきましょう。

ページのトップへ ▲

タワーマンション・高層マンション物件の情報収集

タワーマンション・高層マンション物件の情報収集の手段はいくつかあります。

最も手軽なのは「新聞広告やチラシ」でしょう。広告を出すのは、それだけしっかりした不動産会社であるともいえます。ただし、広告は見栄えをよくするためにイラストや写真を多様しているので大切な情報が記載されている文字情報を見落とさないようにしましょう。

またインターネットでも情報収集は簡単にできます。無料のメルマガや資料請求などを行っている不動産サイトもありますので活用するとよいでしょう。

よく駅などにおいてある住宅情報誌も利用価値があります。意外とタワーマンション・高層マンションに関する雑誌というのは少ないので、こういったフリーペーパーもうまく利用しましょう。ただし、住宅情報誌はあくまで広告ですので、ちらし同様イラストなどに惑わされないようしっかりと文字情報もチェックしましょう。

最後にマンション友の会とうマンション物件購入予定者を会員とする会もあります。ある程度物件が絞れたら、友の会でしか得られない情報もありますので利用するとよいでしょう。

大手不動産会社のものとしては下記の通りです。
「住友不動産:パル(TEL:0120-445-030)」
「三井不動産:三井ハウジングメイト「こんにちはサークル」(TEL:0120-334-409)」
「三菱地所住宅販売:生活散歩(TEL:0120-555-181)」
「野村不動産:プラウドクラブ(TEL:0120-5320194)」

ページのトップへ ▲

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの購入までの流れ 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンション情報収集
モデルルームの見学での注意点
タワーマンション・高層マンションの頭金
タワーマンション・高層マンションの諸費用
タワー・高層マンションの住宅ローン
タワーマンション・高層マンションの契約
タワーマンション・高層マンションの内覧会