タワーマンション・高層マンションの諸費用


タワーマンション・高層マンション購入の諸費用

タワーマンション・高層マンション購入ではマンション自体の費用以外にも様々な諸費用が必要です。諸費用も含めて、しっかりとした資金計画を立てましょう。

目安として3,500万円のマンションを購入した場合には200万円程度の諸費用がかかると考えてください。諸費用の中では仲介手数料の割合が最も大きく、次いで住宅ローン借入費用の費用が占めます。

主な諸費用の項目と注意事項を下記にまとめましたので参考にしてください。

諸費用をもう少し具体的に知りたい場合は、不動産担当者に概算を出してもらうといいでしょう。

諸費用備考
仲介手数料仲介業者を経由せず売主から直接購入すれば不要。中古マンション購入ではほとんどの場合必要。
契約印紙税契約にかかる印紙税
住宅ローン借入費用契約印紙税、融資手数料、保証料、団体信用生命保険料、特約火災・地震保険料、調査判定書作成費用など住宅ローン借入時にかかる費用。
登記費用登録免許税の軽減措置が受けられない場合は2倍ほどかかる。
マンション管理費・修繕積立修繕費は最初にまとまった費用が必要な場合もある。管理費・修繕積立金は将来上がる可能性あり。
税金固定資産税、不動産取得税、都市計画税などマンション購入にかかる税金。

ページのトップへ ▲

タワー・高層マンション購入のその他の費用

タワー・高層マンション購入を購入した場合、その他にかかる費用もあります。主なものは「引越し代」と「家具類・器具類」です。

引越し代は業者によって異なりますので、事前に見積りしてもい概算を出しておくといいでしょう。

また現在の住居と比べ部屋数や間取りが変更すると、家具や照明器具、カーテンなどが必要になる場合があります。これらの費用は以外とかかるものです。入居前に間取りや設置について検討し、必要な家具や器具を用意しておきましょう。

ページのトップへ ▲

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの購入までの流れ 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンション情報収集
モデルルームの見学での注意点
タワーマンション・高層マンションの頭金
タワーマンション・高層マンションの諸費用
タワー・高層マンションの住宅ローン
タワーマンション・高層マンションの契約
タワーマンション・高層マンションの内覧会