タワーマンション・高層マンションの構造

タワーマンション・高層マンションの地震の揺れに対する構造は大きく「耐震構造」「免震構造」「制震構造」の3つに分けられます。

耐震構造とは

従来のタワーマンション・高層マンションではこの耐震構造が地震対策の主流でした。耐震構造とは「柔構造理論」によるもので、マンション自体が地震の揺れに対してそのまま揺れることで地震による被害を抑えようというものでした。

ただこの場合は、タワーマンション・高層マンションのような高い建物だとどうしても揺れが大きくなってしまい、家具の転倒などが起こる可能性が高くなります。

ページのトップへ ▲

免震構造とは

免震構造とはマンションと建物の基礎部分の間に免震装置(LRBとも呼ぶ)と呼ばれる揺れを吸収する装置を入れることで、地震の揺れが建物に到達する前に吸収してしまおうというものです。

近年はこの免震構造を利用したタワーマンション・高層マンションが増えており、中には建物の揺れを3分の1〜2分の1まで軽減するといわれているものもあります。

このように免震構造であればマンション自体の揺れが小さくなるので、耐震構造のように家具の転倒の心配が少なくなります。

ページのトップへ ▲

制震構造とは

免震構造がマンションと基礎基盤との間で揺れを吸収するのに対し、制震構造では建物の骨組に制震装置と呼ばれる装置を入れることで揺れを建物内部で吸収します。

低中層マンションに比べ上層部での揺れの大きなタワーマンション・超高層マンションでよく採用される構造です。

ページのトップへ ▲

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの基礎知識 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンションの現状
高層マンション・タワーマンションとは
タワー・高層マンションのメリットとデメリット
タワーマンション・高層マンションの耐久性
タワーマンション・高層マンションの構造
タワーマンション・高層マンション防災対策
タワーマンション・高層マンションが販売されるまでの流れ