タワーマンション・高層マンション防災対策

タワーマンション・高層マンションは通常の建物に比べ高く大きな建物ですから、火災などの災害が起きた場合に被害が周辺に及ぶようなことがあると大変です。もしもタワーマンションや高層マンションのような建物で火災が起こり、周りに影響が出るようだととても大きな災害になってしまいます。

そのためタワーマンション・高層マンションでは、いくつもの防災対策が施されています。

例えばタワーマンションなど高層の建物では、各部屋への火災報知器、共有部分のスプリンクラー、防火シャッター、排煙システムなどが設置されているのが一般的です。これは各部屋で起こった火災などが周りへ伝わらないようにするためです。

また最近のタワーマンション・高層マンションでは、電気・ガスに自動制御機能がついていて、建材も防火性の高いものを使用しているマンションが増えています。事前に災害を防ぐための防災機能があらかじめ設置しておくニーズが高まっているためといえるでしょう。

タワーマンションに限らず高層の建物が全焼するといったことがほとんど起きないのは、事前に災害を防ぐ、災害を広げないといった防災設備が充実しているためであるといえます。防災が気になる場合は、購入希望のマンションのこういった防災設備についてしっかりとチェックしておきましょう。

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの基礎知識 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンションの現状
高層マンション・タワーマンションとは
タワー・高層マンションのメリットとデメリット
タワーマンション・高層マンションの耐久性
タワーマンション・高層マンションの構造
タワーマンション・高層マンション防災対策
タワーマンション・高層マンションが販売されるまでの流れ