タワーマンション・高層マンションの遮音性


タワーマンション・高層マンションの遮音性

騒音の問題はマンションにはよくあるトラブルです。最近のマンションは遮音性の性能が高まってはいますが、住んでから音の問題で困らないようにしっかりチェックしておきましょう。

タワーマンション・高層マンションは中低層マンションに比べ、遮音性に大きく関わる床のコンクリートの厚さ(スラブ厚)が厚めになっているものが多くなっています。そのためタワーマンション・高層マンションは一般のマンションに比べ遮音性に優れていると考えられます。

ただし階上の間取りの関係で、トイレや浴室など音の出やすい部屋が寝室やリビングの上に来る場合もありますので注意が必要です。

またタワーマンション・高層マンションの場合は建物が高く、周りに遮るものがないため遠くの騒音も直接届きます。鉄道や高速道路が近い場合はチェックしておきましょう。

ページのトップへ ▲

遮音性を高める工法や構造

タワーマンション・高層マンションで遮音性を高めるにはポイントは「床」「壁」「サッシ」の3つです。

床の場合、基盤となるコンクリートスラブとカーペーットなど仕上げ材の間にないもない「直床」、根太と呼ばれる緩衝材を入れた「根太床」、グラスウール・モルタルなどを全面に敷いた「浮き床」の順で遮音性が高まります。

また壁の場合は隣の部屋との境の壁となる戸境壁にそのままクロスを張った「直張り」よりは、緩衝材を間に入れた「二重打ち」の方がより遮音性に優れています。

サッシも通常のサッシよりは、防音サッシや二重サッシなど防音効果のあるものを使用するとより効果的です。

ページのトップへ ▲


※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの注意点 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンションの管理費
タワーマンション・高層マンションの眺望
タワー・高層マンションの修繕積立金
タワーマンション・高層マンションの遮音性