タワーマンション・高層マンションの眺望

タワーマンション・高層マンションの大きな魅力の1つはその眺望にあります。

一般的にタワーマンション・高層マンションというと「高い」というイメージに結びつくでしょうし、実際の購入者もその高さ、またその高さから眺められる眺望にひかれて購入する人は多いようです。

また、高層階では窓を開け放してもそれほど気になりませんし、上から見下ろせる高い場所に住んでいるというステータスもあります。

ただ注意しないといけないのは、実際に超高層の住戸となるのは当然ながらマンション全体の一部だということです。残りは非超高層住戸と呼ばれ、超高層ではない高さの住戸となります。

階数が高くなるほど眺めがよいわけですが、価格もその分購入費用も高くなります。階数が高くなればそれだけ外出には不便です。購入前に大丈夫だと思って住んでみたものの、だんだん外出が面倒になる人も多いようです。

またマンションの構造によっては地震や強風での揺れが大きいなどの問題もあるので、高層ならばよいというわけではありません。

中低層階であれば、高層階に比べ価格が安いので、同じマンションの住宅環境・立地条件を低価格で購入できるという考え方もあります。

眺望の魅力にひかれるのはわかりますが、自分にとって本当に大事なこと、必要なこととは何なのかをしっかり考えて購入するようにしましょう。

※マンション情報を大手サイトから無料でゲット!
マンションの資料請求・物件検索・査定の無料サービス一覧

※住宅ローン選びに欠かせない!おすすめフラット35住宅ローン情報!
【1位】定評あるSBIモーゲージ⇒業界No1低金利!「SBIモーゲージ」
【2位】低コストで選ぶなら「楽天モーゲージ」⇒楽天のフラット35
【3位】自営業など審査に悩むなら「GE Money」⇒GE Money フラット35

スポンサードリンク

▼同カテゴリー「 タワーマンション・高層マンションの注意点 」の記事一覧
タワーマンション・高層マンションの管理費
タワーマンション・高層マンションの眺望
タワー・高層マンションの修繕積立金
タワーマンション・高層マンションの遮音性